花火大会といえば夏の盛りを思い浮かべますが、福山市鞆の浦の花火大会は、春が終わりに行われます。

舞台は、弁才天を祀る弁天堂(福寿堂)が建っていることから弁天島と呼ばれている、この小さな島。その弁天島から、約2000発もの花火が夜空に打ち上げられます。
対岸には夜店が軒を連ね、明るい売り子さんの声が右に左に飛び交います。大勢の人が集まる活気に満ちた一夜。瀬戸内に本格的な夏の訪れを予感させる、鞆の浦自慢のお祭りです。

アイヤ節の披露から始まる初夏の恒例行事

鞆の浦の伝統芸能・「鞆の浦アイヤ節」が地元住民によって披露された後、さあ、いよいよ打ち上げ開始。鞆の夜空に色鮮やかな光の大輪が幾重にも拡がり、浴衣姿の見物客たちの上気した顔を照らします。
水中花火や仕掛け花火など、凝った演出も見ものです。

◇鞆の浦の町並みを鮮やかに照らす夜空の華―さあ、夏が始まる!

江戸時代から続く由緒正しい伝統の花火大会

江戸時代、海上の安全祈願のために弁天祭が行われていました。
旧暦の4月14日に行われていたこの祭では、植木市が開かれたり、灯籠流しが行われたり。そして煙火祭と呼ばれる花火大会でもにぎわったとのこと。
往時の鞆の浦の繁栄ぶりが思い起こされます。

◇弁天島の夜景 美しく輝いているのが弁天堂です

鞆の浦弁天島花火大会の関連情報

鞆の浦弁天島花火大会の基本情報

2012年4月5日 公開

場所 広島県福山市鞆町弁天島

日程 2017年5月27日(土)

時間 19:00〜20:30

  • ※掲載されている内容(文字、画像、写真、記事、文章、イラスト)に関する権利は、全て弊社または著作者に帰属します。掲載されている内容の商用および営業目的での使用は禁止いたします。その他免責事項についてはこちらをご確認ください。
  • ※掲載情報の誤りや変更依頼がございましたら、お手数ですがこちらよりご連絡ください。