鞆湾の西側、車が一台やっと通れるくらいの細い通りに、一軒のパン屋さんがあります。鞆の浦にひとつしかないパン屋さん。

宮崎駿監督が『崖の上のポニョ』の構想を練るために鞆の浦に滞在していた間、足繁く通ったというパン屋さんです。外観からしてレトロで可愛いらしく、売られているパンも懐かしいものばかり。

売り場の奥にはオーブンもあって、毎朝手作りでご主人がパンを焼いています。鞆歩きのお供に、ぴったりの素朴な“村上パン”です。

ねじりパンにバターロールパン―思わず嬉しくなる懐かしさ

『村上製パン所』さんを訪ねると、白い割烹着姿のお母さんが笑顔で迎えてくれます。「あんパン」に「かすてらパン」、それに「アブラパン」など、むかし学校給食で食べたようなパンの数々。
レトロな鞆の浦の町歩きには、“村上パン”片手にぶらり、がオツです。

◇各パン、だいたい120円前後です

鞆の浦のソウルフード―村上パンのある風景

鞆の浦の町を歩いていると、売店の至るところに村上パンを目にします。学校給食にも指定されていますし、鞆っ子にとっては、もはやソウルフードなんですね。
メディアにも取り上げられる鞆の浦の人気者。変わらぬ味を、これからも守り続けていってほしいですね。

◇鞆の浦の売店で頻繁に目にする“村上パン”―愛されています

村上製パン所の基本情報

2012年7月6日 公開

住所 広島県福山市鞆町後地1437

営業時間 8:00〜20:00

休み日曜日

お問い合わせTEL:0849-82-2349

  • ※掲載されている内容(文字、画像、写真、記事、文章、イラスト)に関する権利は、全て弊社または著作者に帰属します。掲載されている内容の商用および営業目的での使用は禁止いたします。その他免責事項についてはこちらをご確認ください。
  • ※掲載情報の誤りや変更依頼がございましたら、お手数ですがこちらよりご連絡ください。